ブラック企業に就職、でも辞められなかった理由




私は就職難の時に銀行関係の会社に正社員として就職したのですが、やはり自分に合わず、ずっとやりたかったデザインの関係の仕事に就くために、専門学校に通い直し、最初は派遣に登録し、その派遣先で2年ほどアシスタントとして働いていました。

派遣とはいえ、そこのお給料はかなり安くて、仕事は勉強になったのですが、やはりこのままでは自立できないと思い、正社員として働くために就職活動をして、某デザイン事務所に正社員として入社しました。

そこが、デザイン関係の仕事だったら残業はあたり前なのですが、やはり毎日終電まで働かされました。それも辛かったのですが、残業しても残業代はでませんでした。8時まで働くと、夕食代として500円、10時まで働くと1000円もらえるだけです。

夕飯代とは名ばかりで、誰も夕食をとりに外へ出る事はせず、ずっと室内にこもりっきりです。お昼ご飯のときに夕食用のパンやおにぎりなどをついでに買って仕事をしながら食べるという程度でした。

t3nj

それにも関わらず、朝1秒でもタイムカードをきるのをおくれると、有給休暇から1日とられます。というよりもそもそも有給休暇は誰も取らないような感じでした。土曜日も隔週休みです。そして先輩もお給料は全然上がらないといっていました。

確かに、入社してから全く上がっていません。なので、男性社員は皆独身です。養えるほどもらえません。そして、上司からも少しでもミスをするとすぐに辞めても他にまた雇えばいいし。とクビのニュアンスを言われたりしました。

仕事はやりがいがあるものも多く、これも勉強にはなったのですが、さすがに辛くなって、結婚を期に辞めると上司に言いました。

そのとき、さんざんクビにしてもかまわないという感じの事を言っていたのに、今辞められると困る、バイトでもいいから働いてほしいと言われました。でも、実際体力的に限界がきていたので、結局仕事が一区切りついた時に辞職しました。その後はまた派遣に戻って、家事と仕事の両立ができるようになりました。
 



Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑