「ブラック企業を見極めろ!」に込めた思い

「ブラック企業」と聞いて皆さんはどんなイメージを思い浮かべるでしょう。サービス残業を強いられる、安い賃金で働かされる、厳しい口調で怒られる…。
でも、ちょっと考えてみてください。同じことをどこでされるか、だれがやるか、でその判断は変わってきませんか?

この人のもとでならがむしゃらに働ける。実績を残せば給料は上がる。自分のために叱ってくれている…。同じ状況に遭っても、そう思える人もいるのです。

私たちはこれまで多くの転職希望者、受け入れる企業のそれぞれから本音を聞いてきました。そこで感じたことは、働く側と雇う側のコミュニケーション不足が「ブラック企業」という安易な決め付けや行き違いを生んでいるのではないかということです。

yoshinaga

もちろん、法律を守れていなかったり、「使い捨て」の意思が働いていたり、精神的に追い込むようなやり方は卑劣であり、許されることではありません。ただ、そうした悪質なブラック企業はひとにぎりだということも事実です。

はなから辞めたいと思って働き始める人はいないでしょう。企業もできるだけ長く働き続けてほしいと思って採用しているはずです。

このサイトでは文字通りブラック企業を見極めるための情報を提供します。そのためにはまず「ブラック企業」かどうかを判断するために必要な言葉を理解する必要があります。また、できるだけ正確な実態を紹介することで考えるきっかけにしてもらおうとの思いで、実名ありの体験談投稿コンテンツを用意しました。

明らかにブラックなのか。自分の考えを改めるべきなのか。
社員をコストとして考えていないか。社員の成長を願って指導しているか。

このサイトを通じて、働く側、雇う側双方にとって気づきのきっかけになり、コミュニケーションが生まれることを願っています。

 

logo4

天職ぱんだ/ブラック企業 ~ブラック企業を見極めろ!~
運営責任者:吉永安智

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑