ブラック企業を見極める訴訟(裁判)の判決事例一覧

ブラック企業を見極める訴訟(裁判)の判決事例一覧

「もし、訴えたら裁判で勝てるのだろうか?」そんな疑問を持ったことがあるのではないでしょうか。
したことない、弁護士への相談も気がすすまない、泣き寝入りするのは嫌だ、知り合いや家族から同情されたが納得できない、でも裁判は怖い…など、未経験者が裁判に踏み切るにはハードルが高いのも現実です。

当コンテンツでは、過去に同じような境遇で裁判に踏み切った人々の結果を紹介しています。

0001

【1】ホスト一気飲みによる急性アルコール中毒死亡裁判の判例詳細
平成27(ワ)7371  損害賠償請求事件/平成31年2月26日  大阪地方裁判所

【内容】ホストクラブEのホストであった亡Aが、勤務中、急激かつ大量の飲酒をさせられたた め、急性アルコール中毒により死亡したとして、亡Aの父母である原告らが、亡Aから相続した損害賠償請求権及び遺族固有の損害賠償請求権を行使する裁判

【請求】4344万8301円 他

【判決】被告会社は、原告ら各自に対し、3694万8301円及びこれに対する平成24年8月1日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え 他

 

 

 

当サイトは訴訟(裁判)判例を通じて、「ブラック企業」もしくは「ブラック企業ではない」との判断基準となる知識を得ることが出来れば幸いと考えています。

■情報元 裁判所ウエブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑