沖縄ダイビング業界での経験…

体験談の掲載では投稿原稿の表現、誤字・脱字から文字化けにいたるまで、一切校正せず掲載しています。

沖縄本島の真栄田岬にある有名な青の洞窟というダイビングスポットがあります。
真栄田岬には数多くのダイビングショップが存在し、お客様を現地集合、現地解散で営業しているがほとんどです。

以前私はショップの名前は出しませんがそちらの数多くの中のダイビングショップスタッフとして働いていました。
一般のお客様から見れば給料も貰えて楽しい仕事のように思えるかもしれませんが実際はそうではありませんでした。

52

ダイビングのライセンスを取れる代わりに働くという制度でしたが、1ヶ月の給与は3万ほど、いくら働いても残業代はしはらわれない、業務拘束時間は1日平均約14時間、休憩時間と食事休憩もなし、多い月で労働時間530時間、ショップオーナーは現場に出てこない、天候で海洋が荒れ危険な場合でもお客様の中にいる2才児の子供も海に連れていかなければならない、海況が悪く青の洞窟が閉鎖されていることを知りながら当日お客様が来られるまでお客様に電話などして知らせるなと指示され、当日お客様から体調が優れず予約をキャンセルしたいという場合は経費が掛かっているから100%のキャンセル料をもらいなさいと電話で指示され、でも実際は経費という経費はかかっていません。

そして法律上支払わなければならない残業代を労働者に払わず私たちが体を動かし稼いだ売り上げ金を使いオーナーは豪遊。
途中で退職したいとオーナーに伝えると架空の金額何百万もの請求され、あげくのはてにオーナー自身が長年に渡り脱税していると暴露。

一言で言えば最悪のブラック企業。
ショップHPに記載の内容とはかけ離れた現状のショップ、何もかもが嘘で固められていたようで忙しいシーズンが終わるとすぐに寮から追い出され私たちスタッフを雑巾かのように使い捨てされました。

そのせいで海が嫌いになり、青の洞窟に2度と行きたくないようになりました。
そして退職後ショップに残業代を請求しましたが何ヵ月たっても未だ私たちに支払われていません。

ネットでは沖縄のダイビングスタッフのリゾートバイトの求人をよく見かけます。
ダイバーになる夢を追いかけ沖縄に来る方もいらっしゃると思います。
ショップで働くならば事前にしっかりと聞いておいた方がいいと思います。
残業代、労働時間、休憩時間、何もかも事細かく聞いておく事をおすすめします。
私が経験した事を同じように経験して欲しくありません。

これを見て1人でも救われればと思っています。

 

投稿者:もぐら

 

Copyright ブラック企業 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑