ブラックかどうかを決めるのはあなた自身です




私はつい先日まで、世間がいう「ブラック企業」という場所で働いていました。
業種は小売業。全国に展開しているスーパーです。
朝からTV会議があるため7時30分出勤、夜は22時迄が当たり前。
ただでさえ週6出勤なのに休みの日は店舗からの電話、それでも解決しなければ出勤なんて日常茶飯事。
残業もつけられるのは20~30時間くらいまで。それを越すと上司に遠回しで辞めてくれと言われる。
これだけ聞いたら相当なブラックですが、それは、働き方が悪いと思います。
22時に帰るのが当たり前なのでしょうか。
出社してから退社するまでの間でたるんでいる時間はないのでしょうか?
日本人は仕事の質より、「働いた時間」に価値をみいだしていると思います。
それは本当に「22時までかかる仕事」なのですか。
私は違うと思います。
「22時までいることに満足」「今日は22時まで残ったぞ、だからもう帰っていいだろう」
なんだかそういう雰囲気が漂っている気がします。

 

誰かが22時までいなければならにのなら
半分早番、半分遅番にして
お互いがお互いのやることが終わったら帰れるのに・・・
(実際そうはいかないこともあるのですがね)

 

日本人はやり方が下手です。
同じ仕事量ならば
22時まで残ってやっても
気をひきしめて18時まででやっても
結果は変わらないと思います。一度やってみてください。
だって、飲み会がある日は必至で18時までに仕事終わらせるじゃないですか!!

 

それで「残業代が・・」というのは間違っていると思います。

 

本社で働いていたことがあるのですが
仕事が早く、定時までに仕上がった人は残業代がつかず
仕事の効率が悪く、だらだら遅くまでかかってしまった人に残業代が付くのは
おかしいと思います。
『結果』に対して、報酬を払うべきなのではないでしょうか。

 

就活をしている方は誰しも企業のことを調べると思いますが、
検索ワードの候補に必ずといっていいほど
「○○会社 ブラック」
というものが出てきます。

 

正社員で働こうとしているのなら
いまどき「ホワイト企業」の方が珍しいのです。
ホワイトで働きたいのなら、いっそ正社員ではなく契約社員とか派遣社員で務めるべきです。
正社員よりは残業少なくあがれるのではないのでしょうか。

 

「ブラック」か
「それが自分の遣り甲斐」か決めるのは自分自身です。

 

私が働いていた会社のことを
私は決してブラックだと思いません。

 

自分が働いていた場所が「ブラックだから」「過酷労働だから」といいう理由で
仕事を辞めて方が次の就職場所にいっても、きっとそこはブラックだと思います。

 

大切なのは「その会社で何がやりたいか」です。
そのためなら、どんな条件も自分のためだと思って
いくらでも頑張れるのではないでしょうか。
それでも嫌なら、それを乗り越えて偉くなって、その古き悪し習慣を絶つべしです!
それができるのは、もうその習慣に染まってしまっている古い大人ではなく
まだ新鮮な考えを持っている若いみなさんだと思いますよ!




 

 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑