ブラック企業は長時間残業や残業代未払だけではない




私は学校卒業してすぐにブラック企業に就職してしまいました。
その会社は給料がものすごく安い上に長時間労働は当たり前で先輩たちのパワーハラスメントが当たり前のように行われていたのです。

 

最初は社会人になったのだから当たり前だろうと思っていたのですが、先輩たちのパワーハラスメントが日に日に悪化してきたのです。
暴言は当たり前で、目の前で罵声を浴びたり時には暴行を加えられることもありました。
流石にこれは心もおかしくなると感じたので会社を休むことにしたのです。

 

そんなある日、労働組合の人たちであろう人が街頭でティッシュ配りをしていました。
それをもらって見てみると「職場でいじめにあっていませんか?」とか「きちんと給料をもらっていますか?」という文字が書いてありました。

 

これはどういうことだろうと思い、ティッシュ配りをしている人に聞いてみると「最近労働トラブルが多くこうした事案が多いです。」と答えてくれて、私の今の状況を話してみると「これはひどいですね。一度お話を聞かせて欲しい」ということを言われました。

 

その時はこのブラック企業で働くことで体調を崩していたので冷静になることができなかったのですが、話すことでスッキリすることができました。

 

そこで、私はこの企業を離れることを決断したのです。
要するに転職をすることを決断したのです。
早速求人誌で仕事を探すことにしたのです。
この時は正社員だけにこだわらずバイトや派遣でも仕事を探していました。

 

ブラック企業を辞めるとき退職届を提出したのですが、ここでもブラック企業ぶりを発揮していました。
なんとこの会社は必要ない人物と判断すると「給料泥棒!」と平気で言うのです。もちろんそんな会社に未練なんかありません。
むしろ今すぐやめてやるという感じでした。

 

その後はアルバイトや派遣などで生活をしている状況ですが、ここまでのブラック企業ぶりはあまりありませんでした。
やはりこの会社がいかにブラック企業だったかということだけでした。



 

 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑