転職前に抑えておきたい「自分が転職する理由」




転職に成功する人と失敗する人の違いは、「何故自分が転職したいのか」をしっかり意識しているかどうかで大きく異なります。いつの間にか転職する事だけが目的になっていませんか?しかし、必ず転職しようと思った理由が存在しています。そこをしっかり抑えておかないと失敗しやすくなってしまいますので注意しましょう。
まず、今の会社を辞めたいと思ったのであれば、理由を箇条書きで書き出します。職場の人間関係、評価への不満、お給料の不満など色々ありますよね。ここで書き出した事は、そのまま次の転職先に求める事になります。つまり、職場の人間関係が良好で評価が明確に行われており、自分の希望する水準のお給料が支払われる。そんな会社を探す事が目標になります。

 

しかし、ただ会社を移りたいとだけ考えていたら、また同じような会社を引いてしまうかもしれません。同じような会社であればまた辞めたくなってしまうのは当然なので、何度も会社を移る事になってしまいますよね。そこで、目的を見失わない事が重要になるのです。

 

では、すでに働きたい業界や会社が決まっている場合はどうでしょうか。その場合は、その会社に何故惹かれたのか、自分はそこで何をしたいのかを書き出してみて下さい。スキルアップが出来そうという理由なら、本当に今の会社ではこれ以上スキルアップが出来ないのかを再度考えます。そして、出来ないと判断したら何故なのかも考えるのです。もしかしたら、それは今の会社でも出来る事かもしれません。もしくは、ただ自分のやる気の問題なのかもしれません。

 

転職に成功する方の多くは、次の会社に何を求めているのか、そのビジョンを明確に持っています。だからこそ自分の条件に合った会社に出会う事が出来るんですね。逆に失敗してしまう方は理由を持っていません。そのため、転職活動を成功させるためにはまず理由を再度考え直してみて下さい。そうする事によって始めて転職活動が始まります。




 

 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑