一昔前から取り残された独裁系ブラック企業

体験談の掲載では投稿原稿の表現、誤字・脱字から文字化けにいたるまで、一切校正せず掲載しています。

私が勤めていた独裁系ブラック企業についてお話しさせていただきます。

場所は九州地方で社員は30人程。
扱う商品は工業系の部品を扱う会社で営業職での採用でした。

採用試験からして、社長がお前は人生で何をしてきたのか?俺はな〜と自慢話を繰り返し怪しげな感じでしたが、無職1年の私としては藁にもすがる思いで入社しましたが地獄でした。
ざっと1日の流れを

朝9時半から朝礼が始まりますがそれに間に合うように出勤してはいけません。朝7時に新人は出勤。全員分の飲み物、麦茶やらコーヒーを用意し、ビル3階の掃除を1人で全てやります。

朝礼も気が抜けません。
某国のマスゲームみたいに体操の手足が揃っていないと社長の罵声、朝礼も声出しに仕事の心構えなんかが書かれた本を大声で読み担当は感想、さらには最近感じたことをスピーチします。

仕事が、始まっても零細企業相手がメインですので2019年でもメールではなく電話やFAXでの注文がほとんど。
ひっきりなしの注文や質問の電話、昼休みもアポ無し訪問客の対応と気が抜けません。
言った言わないのトラブルなんかしょっちゅう。
自分の仕事が終わって定時を過ぎていて先輩が帰宅するまでは許可がないと帰宅できません。
もちろん残業代はないどころか、定時に事務員がタイムカードを勝手に押すから残業は登記上はないのです

633a024e0b2ac33cfc38c7c48df64d0a_t

この会社のブラックたる所以はなんと休日がないのです。
一応、土日は休みになっていますが、休むと社長から新人のくせに休むのか!覚えることあるだろ!と怒鳴られます。
この会社。4階は社長の住居のため会社フロアの防犯システムが解除されたか否かがわかるため土日出勤しないとバレるのです
どうしても休みたかった私はゴールデンウィークに祖母が体調が悪いからと嘘をつきやすませていただきましたが、
社長から自己啓発本を渡され原稿用紙10枚の感想文を書くよう宿題を出されました。

この会社を辞めた理由は意地の悪い関西の会社が夜8時に電話をかけてきて、明日の午前中にまで商品を届けてくれと。
九州→関西ですのでさすがに無理と断るとトラブルに。
それが社長の耳に入りお呼び出し。
さすがに大変だったなとか労うのかと思いきや、なぜ、関西に配達しなかった?新幹線の最終に間に合ったやろ!レンタカーは?貴様、あそこの会社は俺が頭下げて開拓したんだぞ!と大説教に謹慎を言い渡されました。

55

結局退職しましたが、そこでも一悶着。
今までの給与を返せ! こちらには見覚えが無い書類や備品が無くなっている。盗んだだろ!返せだの内容証明郵便で書類がひっきりなしに届くわ、次の転職先にも身に覚えのない嘘話を言わるわの嫌がらせ。
次の転職先の上司が弁護士を立てて、覚書を書かせてやっと嫌がらせは止みました。

今でもユーチューブなんかみると社長が我が社は社員を大事にするとか武勇伝を語っているのを見かけムカムカします。

 

投稿者:ハムハム

 

Copyright ブラック企業 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑