私にとってブラック企業は今勤めている会社です




大阪にある住設機器を販売する会社なのですが、とにかく社員にお金をかけようという気が全くありません。

確かにあまり儲かっている会社ではないのですが、数年前からブラック企業としか思えない改革を繰り返しております。

最初に画期的な改革だと言って、これからは残業しなくても手当てとして付けるからと言われたので、さぞ給料が上がるのかなと思ったら、全く同じ給料でした。

ただし給料明細だけは基本給が大幅に減らされて、残業代という項目に減らされた分が入っていました。
形の上ではちゃんと残業代を払っているようにして、労働基準法を守っているようにごまかすための方法でした。

おかげで、それから以降はいくら残業しようが、休日に出勤しようが残業代は全く出ません。
そのため上司が休日の前日に突然「明日も出てこい」と命令する強制出勤など日常茶飯事です。

その上、去年からは住宅手当や家族手当は会社が慈悲で払っていたが、一般に払っている会社は少ないので廃止と言って、一方的に大幅賃金カットされました。
この二つの制度のせいで給料は3分の2程度まで減らされてしまいました。

会社の備品もほとんど自分で買っています。ボールペンや消しゴムなども当然自費です。
パソコンもよその会社が古くなって捨てた物をリサイクルショップで買ってきて支給しています。
マウスやキーボードなどは個人の好みがあるだろと言うことでこれも自費で買います。

会社の建物も築45年の老朽化したビルを一度も修復していないうえ、阪神大震災の時に壁一面に亀裂が入ってしまい、それ以降は雨が降る度に雨漏りがして机の下が水浸しになります。
それを防ぐ方法の対策として徳用のペットのおしっこシートを自費で買ってきて床一面に敷き詰めています。

また病気にかかった社員には非常です。基本的に入院をしたら120日以内に退院しないと自動的に退職になります。
その制度のせいで辞めさせられた人は私の知っている限りでも10人以上はいます。

ある女子社員は悪性貧血のために入院していたのですが、生活のために退職出来ないので入院をぎりぎり120日以内で強制的に退院をして、また権利が出来る半年間勤めて入院をするという事を繰り返していましたが、さすがに無理がたったのか先日40歳の若さで亡くなられました。

こんな会社なので、多くの社員は完全にやる気を無くし辞めていくのが現状です。
その補充として、年中求人募集をしていますが、入ってきても結局直ぐに辞めます。

私も辞めたいのですが、もうすぐ定年の年齢なのでとりあえず退職金を貰うまではと思っていますが、その退職金もこの調子でいけば廃止と言われないかと不安で一杯です。





 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑