安月給過ぎるブラック企業体験談




私は生真面目に働いていました。でも働いても働いても給料は増えません。求人には頑張ったら昇給ありと書いてあったのに、全く昇給するようなことはなかったです。とにかく安月給が不満の職場でした。コツコツやって行くのは得意な方です。コツコツ努力して入れば報われると教わって生きてきました。今までも努力したらそれなりの結果がついてきたので、頑張っていました。しかしそれも限界です。あまりに安すぎる給料に辞めてしまいたくなりました。

労働時間が短いわけでもなく、むしろ長時間労働でした。長時間労働で正社員なのに給料が安すぎました。月に12万円です。一人暮らしをしている私にはやっと生活できるくらいの給料でした。労働時間が少ない分だけ、給料が少ないと言うのなら分かるのです。でも私が計算してみたら、時給に換算して500円程の給料しかもらっていないことに気づきました。さすがに最低賃金を下回る給料にはびっくりでした。これなら普通のバイトをした方がずっと稼げるんじゃないかと思いました。

このことで上の人とかけあうことにして、直談判で給料アップの話し合いをしました。しかし、何度訴えてもこの安月給は上げてもらえませんでした。最終的には「あたなだけじゃない」と言われておしまいです。確かにそうだったので言い返せずに、本当に腹立たしい気持ちになりました。他の従業員と結託して、ストライキを起こそうと提案したこともあります。しかし、仕事が必要な他の従業員は誰も参加しようとしませんでした。皆事情が合って、仕事が辞めれないのです。私は仕方なくこのブラック企業を辞めることにしました。

 

辞めた今、心から辞めて良かったと思っています。次に就職した職場は時給で計算したら900円以上です。大分給料がアップしました。やっぱりブラック企業は底辺の職場です。あの職場から転職したことで、私の給料はずっと高くアップしました。本当に転職をして良かったです。




 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑