私のオーバーワークすぎるブラック企業の体験談




職場に入社した時から変でした。理由は職場の従業員にあります。従業員がほとんど20代だけで構成されていて、とにかく若いのです。珍しい職場にちょっと驚きました。それでも最初は年齢が近いので、話すやすそうだと喜んでいたのです。しかし、その理由は後々暴かれて行きました。そうです。この仕事はブラック企業であり、入社した社員は皆1年足らずで辞めて行くような会社だったのです。人がすぐ辞める職場には裏があると言うことがよく分かりました。

まず一番の不満と言えば労働時間です。昼休みすらほとんどなくて、お昼ご飯を食べれないことなんて、珍しくも何ともありません。休日もほぼ返上で働くこともあって、本当にしんどかったです。いくら若いと言っても、体力は湯水のように湧いてくるわけではありません。これには本当に驚かされましたし、どんどんストレスが溜まって行きました。長い人でも1年くらいしか続かない職場だと言うことは、後々先輩方から聞かされました。でもこのような待遇の悪さではそれも仕方ないと思います。だからあれほどハローワークに求人がずっと出ていたのかと納得しました。

基本給はそれほど悪くないのです。でもオーバーワークすぎてついて行けません。仕事量に比べると、給料は全然少ないと思います。仕事量に見合った給料でありませんでした。不満はどんどん溜まって行き、私は半年も経たず仕事をやめることにしました。ちょっとは止められると思いましたが、全く止められることもなく退職をしました。使い捨てられる職場なんだなと言うことが理解できました。

若い人が多い職場は要注意です。それは長いこと続けられない理由があるのです。私はこのブラック企業で働いたことで、求人広告がずっと出ている職場には手を出さないと決めました。広告が常に出ている職場は、常に誰かを雇う必要がある職場だと言うことです。求人通りの魅力的な職場では無い確率が高いので気をつけるべきです。もうブラック企業では絶対に働きたくないと思っています。




 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑