騙されやすい性格が災いしてブラック企業で働いた体験




私はブラック企業と言うもの自体をあまりよく知りませんでした。それに昔から確かに騙されやすかったのです。そのせいでいいように、会社に騙されました。

本当にうまく言いくるめられていたような気がします。私が専門学校卒業後に入社したしたのは、業績が上向きの企業でした。地元でも割と有名なところだったので、まさかそこがブラック企業だなんて思っていませんでした。こうして私はこの会社に入社したのです。

初めの方に思った不思議はタイムカードに関する不思議です。通常は5時までという区切りになっていて、5時になったら一斉にタイムカードを押しに行きます。そして押した後でまた引き続きお仕事に戻るのです。こんなの面倒だし、タイムカードなんているのかなと思いましたが、上司に聞くと「そういう社風なんだ」と言われて信じていました。このことからも分かるようにこちらの職場では残業代は一切もらえません。いつも5時以降は無償で働くのです。これってすごくおかしなことですが、間抜けな私は気づきませんでした。

またこの職場ではすごく陰険ないじめがありました。仕事に対して何らかの不満を言っていた人を見つけては、陰でこそこそ嫌がらせしたりするのです。これに耐え兼ねて辞めて行く人も続出しました。これを見ていたら、嫌がらせをされたくなくて、仕事の不満を言えなくなりました。こうやって私は会社で扱いやすい人間となっていたのです。

その話をしゃべって、姉に「おかしい」と言われるまでは、私はこれが社風と信じて疑いませんでした。変な疑いは自分の首を絞めることになると刷り込まれてしまって、気付かなかったのです。でも姉に言われてからは、段々と自分の働いている会社のおかしさに気づいて行き、残業代が出ないことや給料が安月給であることを原因に転職をしたのです。退職を受理してもらえた日は本当に安心して、スッキリできました。

現在、とってもいい職場に再就職しています。ここでは残業代もしっかりと支払って貰えています。やっぱりブラック企業をやめて正解だったと思います。




 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑