友達に話したことでブラック企業だと気づけて転職体験!





私がこの職場に就職したのは知人からの紹介でした。まさかそこがブラック企業だなんて思っていなかったのです。私は鈍い方で最初はここがそれほどすごい職場なのだとは気づいていませんでした。初めての就職先だったと言うのもありますし、普通の一般企業がどんなところかなんて知らなかったです。ですから仕事は辛いのが当たり前なのかと思っていました。

でも休日が1日あるかないかで、毎日働き詰めなことは異常だったと思います。仕事が本当に「異質」なんだと分かったのは久々の休みに友人と遊ぶ約束をした時でした。友人たちが仕事の話題を振ってきたので、自分の今の職場の状況を話したのです。そしたら友達から「ブラック企業じゃん」と言われました。ブラック企業をよく分かっていなかった私は頭の中で?が飛び交いました。

私の職場では休日が少なく労働は朝9時から働き夜は10時に終わります。それにタイムカード自体が無く、残業代らしきものは支払われていませんでした。こういう職場もあるだろうと思っていたのですが、実は普通は無いのだと友人から聞きました。そこで私はすごいところで働いていると言うことに気づいたのです。ちょっとびっくりしつつ、言われてみたらおかしいと気づき始めたのです。

そうなると職場の人にちょっと聞いてみたりしました。でも職場の人はまるでそれが当たり前のような感じなのです。長く働きすぎて、基準がおかしくなっているんだなと気づきました。すごく悩んだ末に私は仕事を辞めることを決意しました。少々不安はありました。でももっといい仕事があると友人たちから諭されて、辞めることを決めたのです。そして転職をして、無事にブラック企業から抜け出すことができました。今はまともな職場で雇ってもらっています。

今の仕事は本当に楽で、前の仕事と比べると天国のようです。一番初めに辛い職場を経験したせいで、今はすごく気分が楽です。そう言った意味ではもしかしたら良かったのかもしれません。ブラック企業で働いている人は別の仕事に就いたときに本当に「楽」に感じられるので、転職した方が良いと思います。



 

 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑