ブラック企業に勤めているのに転職しない理由について




ブラック企業に勤めていると、長時間の労働やパワハラ、セクハラなどによって体を壊してしまうようなことがあったりするのでありますが、それでもブラック企業からやめないような話があったりします。

 

そんな理由があるにもかかわらず、いったいどうしてブラック企業を辞めないのでしょうか?
今回はその理由について、主な理由を紹介いたします。

 

1 転職ができるかどうかが不安だから
まず、一番の原因に挙げられるのが、転職ができるかどうかがわからないという点であります。最近では、好景気であるとはいえ転職となるとなかなか決まるまでに時間がかかるものです。もし、先に企業を辞めてしまって転職が決まらないとなると、その間の生活も不安なものです。ですので、転職をしないでそのまま働き続けるというのが、最も転職をしないという理由で上げられます。

 

2 転職を考える手間暇がかけられない
次に考えられるのは、転職のことを考えることができない状況にあることです。例えば、長時間労働や休日出勤を繰り返すような職場の場合には、なかなか転職活動をする時間がありませんし、労働時間の超過による疲労などにより考えている時間や余裕がないとなりますと、転職したくても転職ができない状況になってしまいます。ブラック企業側も、転職させないようにあえて打いった手を使ってくることがあるのです。ですので、転職を支度でもできないような環境があるために、転職をしないというようなことがあったりします。

 

3 転職をするお金の余裕がない
また、転職をするのをためらう理由として、生活が成り立たないといった不安がつきものです。家族がいたりすれば、特に転職によりその間の収入をどうするかが問題になりますし転職できたとしても収入が減れば生活は苦しくなります。ですので、仕事が苦しいというようなときであっても、なかなか仕事を変えることが難しいといったことが発生したりするため、転職しないというようなことがあるのです。




 

 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑