ブラック企業に転職しないようにする確立を減らす、転職サイトの利用。




ブラック企業に入りたくないといっても、なかなか転職先を探す際には、どれが層でどれがそうでないのかというような判断はつきにくいと思われます。転職をする際には、やはりブラック企業にはいきたくないものですが、少しでも避けるためにはどうすればいいのでしょうか?
今回はその点について紹介します。

 

1 企業がお金をかけている転職サイトを利用しよう
やはり、ブラック企業に入らないようにするためには、企業が有料で求人広告を出している転職サイトを利用したほうがいいでしょう。無料で求人を出しているハローワークは、簡単に求人広告が出せるため、企業も利用しやすいのですが、ブラック企業も簡単に求人を出しやすいものですから、お金のかかっていないところには、ブラック企業がいる可能性が高くなります。

 

有料ですと、企業側もいい人材を少しでも多く集めてようと必死ですから、人材をよりよくいかしたり定着されるのに必死ですので労働者が離れるようなことをする可能性は少ないとも言えます。

 

ですので、できれば企業が有料で求人広告を出してくる転職サイトを利用したほうが、ブラックに当たる可能性は低くなります。

 

また、転職サイトには、個人個人の希望職種に合わせたものを通知してくれるサービスがあったりと何かと便利な面もありますので、そういったものを利用して、仕事を探す時間を減らして少しでも時間を有効に活用するというのもいいものだと思われます。

 

2 転職エージェントの利用を検討する
ブラック企業を避けるために最もいいのは、転職エージェントを使うのがいいです。転職エージェントを使うと、成果報酬として、かなり大きな金額をエージェント側が得るというような仕組みになっていますが、先ほども記述しましたように、ブラック企業としては人材採用に大きなコストをかけるとなると、割にあいませんので避ける傾向があります。ですので、転職エージェントを利用すれば、ブラック企業を避けられる可能性は十分期待できます。





 

 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑