ブラック企業か?と見抜く際に注目すべき事情




現在、ブラック企業で働いている方にとっては、できる限り早めに転職をして仕事をすぐに変えていきたいと思っているような方が多いと思いますが、急いで転職すると、またブラック企業に来てしまって、また転職というような悪循環に陥ってしまうことがあります。

 

そういったことを防ぐためには、いったいどのようなことをすればいいのでしょうか?
今回は、ブラック企業を見抜くための対策について紹介します。

 

1 転職先の労働条件を調べておく
まず、一番肝心なのが、転職先の給与や労働時間などの条件をよく調べておくことです。
労働条件については求人票でしっかりと確認ができるのが一番いいのですが、ブラック企業ですと求人情報の内容があいまいだったり給与体系がよくても、残業代がつくのかなどがよくわからないもしくは嘘だったりするような可能性もあります。

 

また、募集する人材に元気がある人といったものや、活気のある職場ですというようなPRなど抽象的な文言を用いてばかりいる会社もブラック企業の傾向が強いです。まずは、求人票で引っかかる部分がないかをよく調べるようにすることが大事なのです。

 

2 クチコミなどを事前に調べる
また、求人票以外からも、インターネットで入りたい企業の調査をすることも可能です。
特にインターネットには様々な情報が転がっており、ブラック企業であるといううわさが絶えない企業でありますと、本当に多くの
情報が存在していますので、インターネットを利用しない手はないでしょう。

 

もちろん、大きな会社や業界全般のものが多く、目立たない企業でありますと調べにくいところもありますが、使わない手はないでしょう。

 

3 転職先の所在地や雰囲気をつかんでおく
さらに、ブラック企業であるかどうかの実態をつかむためには、実際に現地に行って調査をするようなことをしておくのもいいでしょう。オフィスがどれくらいまで電気がついているかや、どんなところにあるのかなど、いろいろな内容を調べていくうちに会社がある場所がおかしかったり、残業が多そうであるなどその会社の実態をつかめるようなこともあります。

 

ですので、時間が許すのであれば、その会社の実態もしっかりと調べておく必要はあるでしょう。




 

 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑