九州では超有名な大手スーパーの正社員時代の話

※当体験談の掲載では投稿原稿の表現、誤字・脱字から文字化けにいたるまで、一切校正せず掲載します。




九州で100店舗以上の店舗を誇る大手スーパーのM社に大学新卒で入社しました。

高卒組、大卒組で合わせて60名くらいの新入社員がおり、比率は半々くらいでした。

高卒組は女子は事務員として男子は生鮮部門に配属されました。

そして大卒組はみんな後の店長候補として様々な店舗に店長補佐として配属されました。

 

私も大卒組なので店長補佐としてとある店で働きだしました。

まず、入社前の説明会では週休完全2日!年間休日120日!を大々的にアピールしてましたが大嘘でした。(ある程度予想はしてましたが)

実際は週休1日、本来休みであるもう1日は強制サービス出勤でした。

もちろん給料は出ません、というよりは表向き会社を休んでる事になってます。

fswdsf

週1回の休みも確実にあるとは言い難く休んでても先輩の電話で呼び出されることもしょっちゅうでしたので年間休みは50日あるかどうかでした。

出勤は朝6時、退社は最速でも夜18時で最低12時間勤務当たり前。

でも残業は1日に1時間半しかつかず残りはサービス残業です。

 

毎日、朝6時にセンターに出勤し自分たちの4トントラックに荷物を積み込むところから始まりますがもう修羅場です!

そこら辺をフォークリフトが超速で飛び交い、リフト免許のない新入社員はカートで荷物を運びます、パレットごと荷物をぶち込み

入らない分は全部パレットからばらして手摘みで入れ込みます。

とにかく隙間という隙間に職人芸の如く1時間かけて汗まみれになりながら商品をぶち込みます。

もはや上限の4トンなど軽く超え6~8トンは確実に入れ込んで毎日積載オーバーしていました。

ada

その後は朝礼で新入社員、いない場合は1番若手の社員が大声で社訓を叫び社長の挨拶の後に一斉にトラックで各々の店舗に向かいます。

その後は昼休憩1時間はだいたいありましたが(ない日もある)最速で18時まで遅ければ閉店の23時まで店にいた事もあります。

 

そんな日が続き2年半頑張りましたがうつ病のような症状が現れ最後は辞めてしまいました。

しかし辞めたいと店長に話をしてから退社まで3ヵ月かかりました。

高卒組とは接点がなかったのでどうなったか知りませんが大卒組は30人中自分が辞める時には残り8人(自分を含む)になっていました。

自分の後に2人辞めたところまでは把握してるので大卒同期は5人残ってたと思います。

 

おそらく3年続ければ心身ともにブラックに汚染されるであろうのでその5人は今も頑張ってるんじゃないかと思います。

 

今はフリーターを経て転職し週休完全2日の1日労働時間平均9時間弱、サビ残サビ出勤一切なし!有給も取得できるというホワイト企業に運よく入れました。

 

あのままM社で働いてたら過労か鬱で死んでたと思います。

 

投稿者:KOU



 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑