知人に紹介されて転職先がブラック企業

※当体験談の掲載では投稿原稿の表現、誤字・脱字から文字化けにいたるまで、一切校正せず掲載します。



 

これは私の実体験に基づく記事になります。

今から8年ほど前、私は転職しようとして、自身が希望するパソコン関係の仕事先を探していました。その時に、知り合いが良い会社を知っているから紹介しようといわれ、ある会社【S社】の社長に会いました。

給料面や仕事内容、賞与などの話もおおよそ組んでもらえたので、数日考えたのちにお世話になる旨を伝え、S社に就職しました。通い始めてから1ヶ月過ぎたあたりから、S社のおかしいところに気付き始めました。

【交通費がでない・社用車に乗れない】
遠方の拠点に行くことが多く、仕事の予定に合わせて電車で移動したり、自家用車で移動していました。

交通費は家から会社までの分までしか支給されず、社用車も「無い、みな自分の車で移動している」と言われ、ガソリン代も支給されませんでした。

他の社員ももらっていないので「自分だけください」とは言えませんでした。

【約束の賞与は最初の1回のみ支給】
転職時の相談に「賞与はある」との約束の下、就職しましたが、結局、最初の夏の賞与のみ支給され、その後は1度も支給されませんでした。

7年間で支給された賞与は最初の1回のみです。しかし、周りの社員に聞くと、ほとんどの社員が「もらったことがない」と言われたので、「自分は1度でも、もらったことがある」とは言えませんでした。

【上司のパワハラがすごい】
私の所属していたパソコン関係の部署は、福利厚生の待遇は悪かったですが、比較的に平和でした。しかし、本社の他の部門は散々な状態でした。

ryj

上司のパワハラがすごかったのです。会社は色々な業種の部門があり、その1つに派遣の部門がありました。

長期の派遣から、短期、日雇いの派遣まで幅広く対応していました。

その日雇いや短期の派遣で人員が確保できないと、上司たちが「おまえら!何時までかかっているんだ!決めないと今日、帰れないぞ!飯なんて食うな!」というように罵詈雑言が飛び交います。

時間が遅くなると、机は蹴る、物は投げるで、あまりの怖さに多くの社員が就職しては辞めていきました。

【残業代は一切出ない】
残業代ですが、一切出ませんでした。社員は皆、(それが普通)とまで思ってしまう会社の雰囲気と風土でした。

派遣で人員確保のために23時まで働いても、朝は6時から出勤しても出ません。ちなみに定時は9:00~18:00です。また、会社の移転などで机やパソコンなどの設置があり、業務上、業務が終わってからしか、パソコンの移設はできないため、夜から深夜、そして朝方まで設置や設定を行っても残業代は出ませんでした。

【社長自身が社員の悪口を言う】
社長自身が、他の社員の悪口を色々なところで言っていました。私に会うと、他の部署の主任や係長の悪口を言い、他の部署では私の悪口も言われていました。

【社員は減給、役員は高級車】
業績が悪くなると、減給もありました。私自身、最終的には入社時の給料より6万円ほど、下がっていました。しかし、役員は何故か高級な外車に乗っていました。

しかも、その外車は会社に乗ってこることはなく、他の社員が社長の家に行った時に見て、聞いたところ、自分の車だと発言したそうです。

最終的に、数年かけて教育関係の資格を取得して、そのS社は退社しました。

そのS社に就職するまでに数回の転職があったため、次の会社(S社)では、何があっても会社のために頑張ろう!と決意していたので、見切りをつけて辞めるまでに時間がかかってしまいました。



 

Copyright ブラック企業 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑