健康を提供するはずの某ドラッグストアの実態

※当体験談の掲載では投稿原稿の表現、誤字・脱字から文字化けにいたるまで、一切校正せず掲載します。



 

これまで2店舗のドラッグストアでパートをしてきましたが、レジ打ちをする同作業のスーパーと比較すると、ドラッグストアでの勤務は想像以上に過酷なものであると感じました。

qef

今現在も某ドラッグストアでパート勤務していますが、このドラッグストアは店舗で勤務している人間をいかにぞんざいな扱いをしているかがわかります。

まず初めに、今年オープンしたばかりの店舗なのですがオープンから1ヶ月も経たない内に女性店長によるパワハラが原因で3人辞めました。

お客様の前で女性パート従業員を怒鳴り散らしたり、店長の機嫌が悪い時に話しかけたら舌打ちされたりと、パート従業員を育てていかなければならない立場の店長とは思えない素振りでした。

そのことをコンプライアンスに通報したのですが、秘密を守るはずの機関がこともあろうかその内容を店長やSVにバラした為、より一層店長からの攻撃が酷くなってしまいました。

ある日、ファストフードの飲料を持った高校生に店長が注意をしたところ、高校生達がわざと陳列棚に飲み物を少しこぼしたことに激高した店長は、店外に出て行く高校生達を追いかけて、こともあろうか大声でヤクザまがいの口調で怒鳴ったのです。

場所が人通りの多い商店街ということもあり、さすがに本部もこの店長の素行の悪さにようやく気付いたのか、オープンから2ヶ月でこの店長は異動になりました。

オープンから半年経った今ではパートの人数も減りに減ってしまった為、人手不足から契約した曜日と時間通りにシフトを作ってもらえない状況になってしまいました。

他のドラッグストアでは時間にもよりますが大体フロアに2~3人、レジに1~2人いるのに対して、当店では常時フロアに1人、レジに1人の体制です。

その為フロアの店員を見つけられないお客様が、レジで他のお客様の会計中にも拘わらず「この商品はどこにあるの?」と聞いてこられ、「少々お待ちください」と申してもやはり苛立っておられるのがわかります。

そんな人手不足でレジが混んでいようが、パート従業員でもノルマ付きの推奨販売をしなければならないというのも苦痛です。

これに関してもお客様から「早くしろ」と言われるので本当にやめてほしいですね。

この少なすぎる人数で品出しや発注もするのでかなり大変なのですが、特に今現在最も頭を悩まさせるのが店内の暑さです。

そもそも5月下旬以降でないと冷房を点けてはいけない決まりがあります。

冷房を点けるにも当日の責任者が点けなければいけなかったり、設定温度は28度であること等。

閉めきった店舗なら何も文句はないのですが、当店は自動ドアの店舗ではなくアコーディオンドアの為、入り口全面が完全に開いた状態の店舗なのです。

ですので、いくら冷房を入れようが外からの熱風が店内に入ってくるので全く涼しくなりません。

寧ろ外の方が涼しいという珍現象が起こっているのです。

当然お客様からは「暑すぎる」という猛烈なクレームが入っていますし、そういった過酷な状況下でいる私達パート従業員も熱中症で倒れそうになります。

もちろんこの暑さで食品の傷む速度は尋常ではありません。

本部に対しての苛立ちと不満は爆発寸前にまで高まっていますが、一向に改善されません。

以上が私が今勤めているドラッグストアの実態です。



 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑