就職面接で聞いていた話と全く違うと感じたら、ブラック企業確定

※当体験談の掲載では投稿原稿の表現、誤字・脱字から文字化けにいたるまで、一切校正せず掲載します。



私は今ブラック企業で働いています。ブラック企業といってもそれぞれ捉え方が人によって様々かもしれませんが、個人的にはブラック企業だと思います。

24歳の時に面接を受け、採用されたのですがその時に色々した質問の返答と、入社してからの現実はかけ離れていたものでした。
まず勤務時間が面接の時に聞いていた時間と違いました。聞いていたのは9時までに出社し、18時が定時で毎日1時間くらいの残業はあると聞いていました。

ですが現実は出社の1時間15分前にきて、書類を仕上げ雑務をこなさなくてはいけません。帰る時間も18時に帰れる日など月に1度もなく、毎日21時以降に事務所を出るような毎日でした。

そして今では減ってきているパワハラも日常的にあります。言葉だけではなく、仕事のミスがあったりした時は蹴られる事もあります。先輩が絶対的な存在であり、後輩はそれを聞く奴隷のような扱いです。

当然退職者が後をたちませんが、何も知らずに中途採用の人がまた補充されます。面接の時では離職率は3%もないと聞いていたのですが、実際は50人が入社すれば1年で45人は辞めるような会社です。私は幸いキャラをかってもらいパワハラをあまり受ける事があまりありませんでしたが、それでも最初の1年はすごく苦労しました。

veqw

会社の給料体制にも問題は色々あります。普通は通勤手当は給与明細とは別にしなくてはいけませんが、給与明細と一緒に記入されています。つまり通勤費も所得となり、税金がかけられてしまいます。通勤費は通勤するために全額使用するので、所得税がかかるといくらか個人で支払いしなくてはいけなくなります。

そして夏と冬の楽しみであるボーナスも面接で聞いていた話と全然違いました。確かに会社の経営状況で変化するのは仕方ありません。ですが、そう理由関係なく聞いていた支給額とは違いました。私が聞いていたのは5か月分は夏と冬を合わして最低でも支給するというものでした。

もちろん、基本給の5か月分なので私の場合、基本給が14万円なので70万円の支給になります。ですが務めて4年経ちますが1度もその金額で頂いたことはなく、過去にもそんなに出た時はないと、入社してから知りました。

転職するにもまた1から人間関係を築き、仕事を覚える事は大変な労力です。なので転職できずに今も務めているのですが、正直辞めたいです。

面接で聞いていた事と全然違った時点で、会社を辞めるべきだったのだと今は思っています。



 

Copyright ブラック企業 転職エージェント評価 2015 All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑